メニューを開く 検索を開く ログイン

無症状時からのRA治療開始を推奨―EULAR

 2016年05月26日 07:00
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 関節リウマチ(RA)は進行すると関節の軟骨や骨が破壊され、関節の脱臼や変形などが生じるため、無症状のうちに治療を開始することが重要である。RAの早期診断に関する指標や欧州リウマチ学会(EULAR)の推奨などについて,ドイツ・Charité - Universitätsmedizin BerlinのGerd R. Burmester氏が第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(4月21~23日、会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のEULAR Sessionで述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  無症状時からのRA治療開始を推奨―EULAR