メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  リオでは汚染海水対策で下痢予防を

リオでは汚染海水対策で下痢予防を

国際セーリング連盟の医療ガイドライン

 2016年05月26日 13:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 今年(2016年)8月5~21日にかけてブラジルで開催される第31回オリンピック競技大会(2016、リオデジャネイロ)では、1万人を超す選手の参加が見込まれている。日本旅行医学会が5月14日に開いた特別講演で、国際オリンピック委員会(IOC)のリオデジャネイロ大会医療委員長で国際セーリング連盟(ISAF)医療委員のNebojša Nikolić氏が「MEDICAL GUIDELINES FOR THE INTERNATIONAL TEAM COACH」について解説。選手が競技に専念できるよう、高リスクな水質環境による下痢から守ることが重要と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  リオでは汚染海水対策で下痢予防を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503571 有効期限:10月末まで