メニューを開く 検索 ログイン

Bio投与下での結核重症化の陰にIRIS?

第60回日本リウマチ学会

2016年05月27日 07:00

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 地域医療機能推進機構(JCHO)東京山手メディカルセンター呼吸器内科の徳田均氏は「生物学的製剤(Bio)投与下で発症した結核の重症化は免疫再構築症候群(IRIS)の可能性がある。免疫抑制治療の中止は慎重に行うべき」と第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016、4月21〜23日、会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「生物学的製剤投与と結核・ウイルス性肝炎の重症化−免疫再構築症候群を中心に」で述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Bio投与下での結核重症化の陰にIRIS?