メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Bio投与下での結核重症化の陰にIRIS?

Bio投与下での結核重症化の陰にIRIS?

第60回日本リウマチ学会

 2016年05月27日 07:00
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 地域医療機能推進機構(JCHO)東京山手メディカルセンター呼吸器内科の徳田均氏は「生物学的製剤(Bio)投与下で発症した結核の重症化は免疫再構築症候群(IRIS)の可能性がある。免疫抑制治療の中止は慎重に行うべき」と第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016、4月21〜23日、会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「生物学的製剤投与と結核・ウイルス性肝炎の重症化−免疫再構築症候群を中心に」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Bio投与下での結核重症化の陰にIRIS?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02503592 有効期限:2月末まで