メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  TIA後の脳卒中発症率は5.1%

TIA後の脳卒中発症率は5.1%

TIAregistry.orgの1年追跡調査結果

 2016年05月30日 15:50
プッシュ通知を受取る

 一過性脳虚血発作(TIA)は脳梗塞の前兆であり、TIA発症後早期には脳卒中を続発する危険性が高い。国際多施設共同前向き登録コホート研究であるTIAregistry.orgの第1回運営会議(2008年)において、発症後早期のTIAと急性虚血性脳卒中(AIS)を包括する急性脳血管症候群(ACVS)が提唱されたが、これは脳卒中の発症を水際で予防するために、発症後早期のTIAをAISと同様に救急疾患として認識すべきだとする概念だ。第57回日本神経学会学術大会(5月18〜21日、会長=徳島大学大学院臨床神経科学分野教授・梶龍兒氏)において、国際医療福祉大学教授で医療法人財団順和会山王病院・山王メディカルセンター脳血管センターセンター長の内山真一郎氏は、N Engl J Med 4月21日号に掲載されたTIA registry.orgの追跡1年目の成績を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  TIA後の脳卒中発症率は5.1%

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503598 有効期限:10月末まで