メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本初のジストニア診療ガイドライン作成中

日本初のジストニア診療ガイドライン作成中

眼瞼痙攣にはボツリヌス毒素療法

 2016年05月30日 14:26
プッシュ通知を受取る

 日本神経学会のジストニア診療ガイドライン委員会(委員長:梶龍兒氏)では,日本初のジストニア診療ガイドラインを作成しており,今年度中の公表を予定している。第57回同学会学術大会(5月18~21日、会長=徳島大学大学院臨床神経科学分野教授・梶龍兒氏)の「ガイドラインコース」では同ガイドラインの構成や内容について,現段階での情報が報告された(関連記事)。岡山旭東病院神経内科部長の柏原健一氏は,眼瞼痙攣,痙性斜頸の治療で確立したエビデンスがあるのはボツリヌス毒素療法のみであると述べた(文中の推奨度はいずれも予定)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ランキング

  1. 1

    リチウムは本当に自殺予防に有効か

  2. 2

    "竹富島クライシス" 地域密着の診療所が取り組む

  3. 3

    時間生物学的治療はうつ病に有効か

  4. 4

    自然気胸の再発率はどのくらいか?

  5. 5

    発がん物質混入の降圧薬のリスク

  6. 6

    高すぎるHDL-C値に潜むリスクとは

  7. 7

    若手研究者に伝えたいIgE発見秘話

  8. 8

    医学部入試、77%で合格率に男女差

  9. 9

    自己免疫性膵炎の仕組み判明、京大チーム

  10. 10

    夏休み中の子供にしてあげたいことは? (子供がいない方はいると仮定して下さい)

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    若手研究者に伝えたいIgE発見秘話

  2. 2

    真逆の新肥満理論「糖質-インスリンモデル」

  3. 3

    【岩田健太郎】PCT測る?

  4. 4

    高すぎるHDL-C値に潜むリスクとは

  5. 5

    海に潜む意外なアレルギー

  6. 6

    内科医の8割が無症候でも薬物療法

  7. 7

    酷暑の活動、補給すべきはどっち?

  8. 8

    動脈硬化GL、改訂に向けた4提案

  9. 9

    米、4割にうつ病リスクの処方薬

  10. 10

    東医大の女子減点、医学生の意見は

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本初のジストニア診療ガイドライン作成中

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08503600 有効期限:8月末まで