メニューを開く 検索を開く ログイン

脳卒中急性期への低用量rt-PA、非劣性示せず

出血リスクは低下―ENCHANTED試験

 2016年05月30日 07:00
プッシュ通知を受取る

 アジア人は脳出血リスクが高く血栓溶解療法に際しても注意を要する。わが国では脳卒中急性期における遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベータ(rt-PA)アルテプラーゼの低用量投与(0.6mg/kg)が承認されているが、これは単一群オープンラベル試験の結果に依拠している。このほど、低用量rt-PA治療の予後への影響を標準用量治療と比較したランダム化試験ENCHANTEDの結果がN Engl J Med(2016年5月10日オンライン版)に発表された。標準用量のrt-PAに比べて低用量では出血リスクが有意に低かったが、発症後90日時点での死亡・障害の発生に非劣性は認められなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  脳卒中急性期への低用量rt-PA、非劣性示せず

error in template: found but mtif was expected