メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  リウマチ医療連携の功罪

リウマチ医療連携の功罪

開業医にとって高額レセプトと電子的診療情報評価料は死活問題

 2016年05月31日 14:30
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 開業医においては、病診連携によるメリットは多い。最近は情報通信技術(ICT)の利活用により情報格差が是正され、病院を補完する役割を担って地域医療に貢献できるようになった。ただし、1995年に指導大綱・監査要綱が策定された後も、指導・監査の影響と考えられる保険医の自殺が後を絶たない。栃木リウマチ科クリニック(宇都宮市)院長の篠原聡氏は「高額レセプトに起因した重点審査や個別指導が病診連携の妨げになるのではないか」と,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016、4月21~23日、会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「リウマチ診療の医療連携」で問題点を提示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  リウマチ医療連携の功罪

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503590 有効期限:11月末まで