メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  ESCが心不全ガイドラインを改訂

ESCが心不全ガイドラインを改訂

 2016年05月31日 06:45
プッシュ通知を受取る

 欧州心臓病学会(ESC)は急性/慢性心不全の診断・治療ガイドラインを4年ぶりに改訂し、ESC心不全会議(Heart Failure 2016、5月21~24日、フィレンツェ)で発表した。今回の改訂では、左室駆出率(LVEF)40~49%の心不全が診断上の新カテゴリーとして追加された。治療面ではアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)LCZ696の位置付けが明らかにされ、心臓再同期療法(CRT)適応基準の1つとなるQRS幅のカットオフ値の見直しも行われた。本GLはEuro Heart J (2016年5月21日オンライン版)とEur J Heart Fail2016年5月21日オンライン版)発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  ESCが心不全ガイドラインを改訂

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09503646 有効期限:9月末まで