メニューを開く 検索を開く ログイン

単純ヘルペス脳炎診療指針案公表へ

6時間以内にアシクロビルの投与開始を

 2016年05月31日 14:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 2005年に公表された単純ヘルペス脳炎診療ガイドラインは、日本神経学会、同学会、日本神経感染症学会の合同(作成委員会委員長:亀井聡氏)で改訂作業が行われており、第57回日本神経学会学術大会(会長=徳島大学大学院臨床神経科学分野教授・梶龍兒氏)のガイドラインコースでは、診断と治療について現段階での情報が報告された。国立病院機構埼玉病院神経内科の石川晴美氏が「ヘルペス脳炎の転帰改善には迅速な診断と治療開始が重要」と強調した(推奨内容はいずれも予定)。なお、同委員会では最終案を6月に公表し、パブリックコメントの募集を予定している。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  単純ヘルペス脳炎診療指針案公表へ