メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  イベント »  受動喫煙で年間1万5,000人死亡―厚労省推計

受動喫煙で年間1万5,000人死亡―厚労省推計

女性が男性の2倍

 2016年05月31日 19:16

 わが国における受動喫煙による死亡者数は年間約1万5,000人に上る、との厚生労働省の研究班による推計が発表された。本日(5月31日)の「世界禁煙デー」に合わせて、厚労省が東京都で開いた記念イベントでは、その詳細について国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録解析室長の片野田耕太氏が説明した。死亡者のうち約1万人が女性で、男性の2倍に達していた。また、男女ともに受動喫煙による死亡の原因疾患としては脳卒中が5割を占めていたという。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

既に49カ国が屋内全面禁煙を法制化

 世界全体では、受動喫煙が原因で年間60万人が死亡していると推計されている。では、日本ではどうか―。片野田氏らは、2000年前後の受動喫煙への曝露割合を調べたデータをはじめ、肺がんや虚血性心疾患、さらに近年、受動喫煙との関連が明らかになった肺がんや乳幼児突然死症候群(SIDS)の受動喫煙による相対リスクに関するデータを用いて、疾患ごとの人口寄与リスク割合(受動喫煙がその疾患の原因として何%を占めているのか)を算出。次に、同割合を2014年の死亡数に乗じて年間死亡数を推計した。


 その結果、受動喫煙による死亡者数は年間約1万4,957人と推計され、このうち女性が1万434人と男性(4,523人)の2倍以上を占めていた。原因疾患は男女ともに脳卒中が最も多く、5割超を占めていた。次いで虚血性心疾患(女性28%、男性35%)、肺がん(同18%、14%)が続いた。

 同氏は、これらの推計値を報告した上で、世界では既に49カ国で公共の場所を屋内全面禁煙とすることが法制化されていることを紹介(WHO2015年報告書)。また、職場に加えてレストランや居酒屋、バーを禁煙化することで、急性心筋梗塞が15%、その他の心疾患が39%減少したとするデータ(Circulation 2012 ; 126 : 2177-83)を示し、「受動喫煙による健康被害が存在するからこそ、法制化後に疾患が減ったといえ、因果関係がよく分かるデータだ」と説明。「今回の(受動喫煙による死亡者数)年間1万5,000人というのは、あくまでも推計値ではあるが、『受動喫煙による健康被害は存在する』ということを出発点として、社会全体でそれを防ぐ方法を考える必要がある」と強調した。

2020年の東京オリンピックまでに環境整えて

 記念イベントではこの他、シンガーソングライターの平原綾香氏、パラリンピアンの谷(旧姓:佐藤)真海氏、国立がん研究センター社会と健康研究センター疫学研究部室長の澤田典絵氏、厚労省健康局健康課長の正林督章氏によるトークディスカッションが行われた。ディスカッションでは、三次喫煙による影響について話を聞いた平原氏が「誰かがたばこを吸っていた部屋にいるだけでも、健康に害があることを知って驚いた」とコメント。「たばこによって寿命が短くなると聞く。大切な人ほど吸ってほしくない。ただ、やめるのは簡単ではないと思う。たばこに代わるストレス発散の方法の1つとして、音楽で役に立ちたい」と話した。

 一方、1歳の子供を持つ谷氏は「母親になってから、今まで以上にたばこを気にするようになった。10年後、20年後の喫煙率を下げるために、学校でもたばこの害について教育を徹底してほしい」と要望。また、ロンドン・パラリンピックに出場した際には、かつて歩きたばこが珍しくなかった街中から歩きたばこや吸い殻がなくなっていることに感銘を受けたエピソードを披露し、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、海外から訪れた人たちに日本はきれいでルールが守られた国だと感じてほしい。それまで、あと4年あるので、1人1人の意識を高めてそうした環境をつくれたら」と話した。

 また澤田氏は、「受動喫煙を減らすためには、吸えない環境を整えていくしかない」とした上で、「わが国では少しずつ分煙が進んでいるが、世界では『全面屋内禁煙』が大きな流れ。全面禁煙を法制化しても飲食店の売り上げは減らず経済的な影響はないことが報告されている一方、脳卒中や呼吸器疾患による入院が減ったとの報告がある」と海外の状況を紹介。国を挙げた取り組みの必要性を強調した。

(岬りり子)

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  2. 2

    GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

  3. 3

    脳動脈瘤治療は血管内治療に劇的シフト!

  4. 4

    陰毛処理に関連する傷害が4人に1人で発生

  5. 5

    脳卒中後スタチン中止で再発リスク増加

  6. 6

    製造販売後調査で1品目4,200万円

  7. 7

    皮膚科医が地方で勤務する条件が明らかに

  8. 8

    わずかな力で片麻痺患者の歩行を補助

  9. 9

    切除不能肝細胞がんに対するレンバチニブ

  10. 10

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  イベント »  受動喫煙で年間1万5,000人死亡―厚労省推計

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08503681有効期限:8月末まで