メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日常生活重視に転換した 『糖尿病連携手帳』

日常生活重視に転換した 『糖尿病連携手帳』

 2016年06月01日 15:40
プッシュ通知を受取る

 日本糖尿病協会(理事長=清野裕氏)は2010年から『糖尿病連携手帳』を作成しており、全国で年間200万部が利用されている。今年(2016年)2月改訂の第3版ではどのような点が変更されたのか。編集委員長を務めた福岡大学内分泌・糖尿病内科准教授の野見山崇氏が、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)で開かれた同学会と日本医療情報学会の合同シンポジウム「糖尿病におけるPHR(personal health record)」で解説した。(関連記事

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日常生活重視に転換した 『糖尿病連携手帳』

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09503670 有効期限:9月末まで