メニューを開く 検索 ログイン

日常生活重視に転換した 『糖尿病連携手帳』

 2016年06月01日 15:40
プッシュ通知を受取る

 日本糖尿病協会(理事長=清野裕氏)は2010年から『糖尿病連携手帳』を作成しており、全国で年間200万部が利用されている。今年(2016年)2月改訂の第3版ではどのような点が変更されたのか。編集委員長を務めた福岡大学内分泌・糖尿病内科准教授の野見山崇氏が、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月1...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日常生活重視に転換した 『糖尿病連携手帳』