メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  イベント »  国民の8割が非喫煙者でも法規制進まず

国民の8割が非喫煙者でも法規制進まず

受動喫煙防止法テーマに世界禁煙デー記念イベント

 2016年06月01日 18:30
プッシュ通知を受取る

 わが国の成人喫煙率は2割と、ここ10年ほどは減少傾向を示している。しかし、副流煙による受動喫煙に関する健康被害は後を絶たず、訴訟問題に発展するケースもある。こうした中、世界保健機関(WHO)が制定する毎年5月31日の「世界禁煙デー」における今年のわが国のテーマは「2020年、受動喫煙のない社会を目指して ~たばこの煙から子ども達をまもろう~」。この日、東京都内でも幾つかのイベントが開催されたが(関連記事)、日本医師会などによる記念イベントでは「受動喫煙防止法」をテーマに専門家らが登壇。国民の8割が非喫煙者であるにもかかわらず受動喫煙に関する法整備がなかなか進まない中、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までの受動喫煙防止法の制定を目指す決議文が発表された。※写真はWHOのテーマ「Get ready for plain packaging」のポスター。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  イベント »  国民の8割が非喫煙者でも法規制進まず

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503682 有効期限:11月末まで