メニューを開く 検索を開く ログイン

巨細胞性動脈炎にトシリズマブ併用が有効

【海外短報】

 2016年06月02日 07:05
プッシュ通知を受取る

 巨細胞性動脈炎(GCA)患者を対象とした初めてのランダム化比較試験で、ステロイドとトシリズマブ(ヒト化抗ヒトインターロイキン-6受容体モノクローナル抗体)の併用が寛解導入・維持に有効であることが確認された。スイスのグループがLancet2016; 387: 1921-1927)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  巨細胞性動脈炎にトシリズマブ併用が有効