メニューを開く 検索を開く ログイン

血中RNAの測定で膵がんを早期診断

 2016年06月03日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 膵がんを血中RNAを測定することで早期に診断できる。東京大学病院消化器内科の岸川孝弘氏大塚基之氏らは,同科教授の小池和彦氏の指導の下膵がん患者の血液中に特異的に多く発現する反復配列RNAについて簡便かつ鋭敏な測定系を確立しこれが膵がん患者のスクリーニングに有用であることをJCI Insight(6月2日号オンライン版報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  血中RNAの測定で膵がんを早期診断