メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  血中RNAの測定で膵がんを早期診断

血中RNAの測定で膵がんを早期診断

 2016年06月03日 07:00
プッシュ通知を受取る

 膵がんを血中RNAを測定することで早期に診断できる。東京大学病院消化器内科の岸川孝弘氏大塚基之氏らは,同科教授の小池和彦氏の指導の下膵がん患者の血液中に特異的に多く発現する反復配列RNAについて簡便かつ鋭敏な測定系を確立しこれが膵がん患者のスクリーニングに有用であることをJCI Insight(6月2日号オンライン版報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  血中RNAの測定で膵がんを早期診断

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06503406 有効期限:6月末まで