メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  骨量と筋肉量を減少させない生活指導が重要

骨量と筋肉量を減少させない生活指導が重要

 2016年06月03日 15:30
プッシュ通知を受取る

 2型糖尿病では血糖コントロールとともに体重管理が重要だが、減量は骨量維持には負に働く。このため、糖尿病と骨粗鬆症の治療を同時に考えるとき、"体重をいかに管理するか"というジレンマが常に付きまとう。藤田保健衛生大学内分泌・代謝内科学教授の鈴木敦詞氏は、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)で開かれた同学会と日本骨粗鬆症学会の合同シンポジウム「糖尿病関連骨粗鬆症最前線」で、骨粗鬆症を考慮した糖尿病患者の体重管理について解説するとともに、自身らの調査データから示された食事指導の留意点を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  骨量と筋肉量を減少させない生活指導が重要

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09503704 有効期限:9月末まで