メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  FDAが食品業界に自主的な減塩を要求

FDAが食品業界に自主的な減塩を要求

指針案で削減目標値示す

 2016年06月03日 15:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 米食品医薬品局(FDA)は6月1日、食品メーカーやレストラン、食品サービスを手がける企業など食品業界に対し、自主的に塩分の含有量を減らすことを求めるガイダンス(指針)の草案を発表した。塩分の摂取過多は高血圧の原因となるとして減塩の重要性が認識されつつある一方、米国人が日常的に摂取する塩分の7割は加工食品や飲食店で提供される食事に含まれる塩分であることから、今回の方針が固められた。指針案にはパンやスープ、チーズ、ソースやドレッシング、菓子、加工肉など150の食品カテゴリーごとに2年後および10年後までの達成を目指すナトリウム(Na)含有量の削減目標値も示された。これによって、米国民の塩分摂取量を段階的に減らしていきたいとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  FDAが食品業界に自主的な減塩を要求

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503714 有効期限:12月末まで