メニューを開く 検索 ログイン

新薬はギラン・バレー治療の光明となるか

第57回日本神経学会学術大会

 2016年06月06日 07:00
プッシュ通知を受取る

 ギラン・バレー症候群はウイルスや細菌感染などが契機となり末梢神経が障害される自己免疫性疾患で、血漿交換および免疫グロブリン静注療法が標準的治療となっている。千葉大学大学院神経内科学教授の桑原聡氏は、同症候群に対する新規治療薬エクリズマブの効果を検討する医師主導治験について概略を第57回日本神経学会...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新薬はギラン・バレー治療の光明となるか