メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脂肪幹細胞を加えた脂肪注入術で乳房再建

脂肪幹細胞を加えた脂肪注入術で乳房再建

 2016年06月06日 14:55
プッシュ通知を受取る

山下氏 自家脂肪を充塡剤として用いる脂肪注入術は、移植部にも採取部にも大きな瘢痕を必要とせず、形態形成の自由度が高いという特徴から、その有用性が再評価されているが、生着率が不安定などの問題もある。湘南鎌倉総合病院(神奈川県)形成外科の山下理絵氏は「乳がん術後の乳房再建に、脂肪由来幹細胞を加えた脂肪移植術は有用である」と、第59回日本形成外科学会総会・学術集会(4月13〜15日、会長=福岡大学形成外科学教授・大慈弥裕之氏)のシンポジウム「脂肪注入:基本手技、応用、課題」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脂肪幹細胞を加えた脂肪注入術で乳房再建

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503709 有効期限:10月末まで