メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

脂肪幹細胞を加えた脂肪注入術で乳房再建

 2016年06月06日 14:55
プッシュ通知を受取る

山下氏 自家脂肪を充塡剤として用いる脂肪注入術は、移植部にも採取部にも大きな瘢痕を必要とせず、形態形成の自由度が高いという特徴から、その有用性が再評価されているが、生着率が不安定などの問題もある。湘南鎌倉総合病院(神奈川県)形成外科の山下理絵氏は「乳がん術後の乳房再建に、脂肪由来幹細胞を加えた脂肪移植術は有用である」と、第59回日本形成外科学会総会・学術集会(4月13〜15日、会長=福岡大学形成外科学教授・大慈弥裕之氏)のシンポジウム「脂肪注入:基本手技、応用、課題」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脂肪幹細胞を加えた脂肪注入術で乳房再建

error in template: found but mtif was expected