メニューを開く 検索を開く ログイン

消化管アレルギーをどう診るか

食物アレルギー診療ガイドライン改訂を踏まえて

 2016年06月07日 07:00
プッシュ通知を受取る

山田氏 食物アレルギーといえば,IgE抗体や食事によるアレルギー反応の発現などが中心になるが,それ以外のアレルギー関連疾患である新生児・乳児の消化管アレルギー(IgE非依存性新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸炎)と小児の好酸球性消化管疾患(EGID)について,今年(2016年)秋に予定されている食物アレルギー診療ガイドライン(GL)の改訂(関連記事)を踏まえ,群馬県立小児医療センターアレルギー感染免疫・呼吸器科部長の山田佳之氏が解説する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  消化管アレルギーをどう診るか