メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本独自のリスクエンジンで正確な評価を

日本独自のリスクエンジンで正確な評価を

 2016年06月07日 13:40
プッシュ通知を受取る

 第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「最新エビデンスに基づく大血管合併症の予防と今後」において、新潟大学大学院血液・内分泌・代謝内科学分野教授の曽根博仁氏は日本人2型糖尿病患者と欧米患者との違いについて解説した。日本人2型糖尿病患者の心血管合併症を防ぐには、日本独自のリスクエンジンを用いた正確なリスク評価と生活習慣への介入が重要と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

池袋暴走事故の被疑者、書類送検へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本独自のリスクエンジンで正確な評価を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11503706 有効期限:11月末まで