メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  ASCOが浸潤性子宮頸がんGLを公表

ASCOが浸潤性子宮頸がんGLを公表

医療資源レベルごとの至適対処法を提案

 2016年06月07日 07:10
プッシュ通知を受取る

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は2016年5月25日に、世界保健機関(WHO)が提唱する医療資源レベルの4分類を取り入れた浸潤性子宮頸がんガイドライン(GL)を米国内外の臨床医をはじめとする医療提供者、政策当局、患者、介護者に向けて発信した。同GLでは、エビデンスに基づく病理検査、外科療法、化学療法、放射線療法、緩和治療などを子宮頸がんの重症度に応じて網羅的に提示した他、ASCOとしては初の試みである"医療資源が不足している環境で選択すべき代替処置の提示"を試みた点が最大の特徴。米国外に向けてもグローバルに発信しているが、あくまでも現地のガイドラインを「補完」するASCOからの提案であるとしている。この全文はJournal of Global Oncology2016年5月25日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  ASCOが浸潤性子宮頸がんGLを公表

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06503715 有効期限:6月末まで