メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  重症家族性高コレステロール血症の臨床管理で声明

重症家族性高コレステロール血症の臨床管理で声明

国際学会が高リスク群の治療目標値を提示

2016年06月08日 07:00

2名の医師が参考になったと回答 

 家族性高コレステロール血症(FH)では、血清LDL-コレステロール(LDL-C)値の上昇によりアテローム性心血管疾患(CVD)の若年発症および生涯リスクが上昇する。国際アテローム動脈硬化学会(IAS)は重症FH専門委員会によるレビューを基に、こうしたリスクが特に高い重症例の定義と臨床管理に関するコンセンサスステートメントをLancet Diabetes Endocrinol2016年5月27日オンライン版)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  重症家族性高コレステロール血症の臨床管理で声明