メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  睡眠時無呼吸症へのCPAP 夜間多尿も改善

睡眠時無呼吸症へのCPAP 夜間多尿も改善

第104回日本泌尿器科学会総会

 2016年06月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 夜間多尿を来す原因疾患の1つとして閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)が挙げられるが、OSASに対する確立された治療法である持続陽圧呼吸(CPAP)療法が排尿へ及ぼす影響は明らかになっていない。香川大学泌尿器科の宮内康行氏は、OSAS患者を対象にCPAP療法による夜間尿量、夜間排尿回数、排尿関連QOLへの影響を検討。その結果、CPAP療法により夜間尿量や夜間排尿回数が減少することで、排尿関連QOLが有意に改善したことを第104回日本泌尿器科学会総会(4月23~25日、会長=東北大学大学院泌尿器科学教授・荒井陽一氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  睡眠時無呼吸症へのCPAP 夜間多尿も改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503740 有効期限:11月末まで