メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  心臓リハビリの認知度アップ・普及を

心臓リハビリの認知度アップ・普及を

 2016年06月08日 15:25
プッシュ通知を受取る

「心臓リハビリテーション(心臓リハビリ)は、急性期治療が終了した心疾患患者の社会復帰・再発予防を目指すための包括的プログラムであり、心疾患患者が快適で良質の生活を過ごすために必要であるが、一般人の認知度が低く、専門施設でも実施率が低い」。国立循環器病研究センター循環器病リハビリテーション部部長で日本心臓リハビリテーション学会理事長の後藤葉一氏が東京都で開かれた同学会のプレスセミナーで述べた。また同プレスセミナーでは、順天堂大学大学院循環器内科教授で第22回同学会学術集会(7月16~17日)会長の代田浩之氏が同学術集会の概要と見どころを説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  心臓リハビリの認知度アップ・普及を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08503748 有効期限:8月末まで