メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

わが国初の悪性高熱ガイドライン案示される

進行早く、致死的な疾患を防ぐための指針づくりへ

学会レポート | 2016.06.09 07:05

 特定の麻酔薬によって引き起こされる麻酔合併症の1つである悪性高熱症は、全身麻酔症例10万例に1~2例で発症するまれな疾患であるが、その進行は極めて早く、致死率も高いため警戒を要する。日本麻酔科学会第63回学術集会(5月26~28日、会長=九州大学大学院麻酔・蘇生学教授・外須美夫氏)の委員会企画「安全委員会企画:悪性高熱ガイドライン2016(案)について」では、わが国初となる同疾患に関するガイドライン案が示された(関連記事)。このガイドラインにより同疾患に対する理解が進み、適切な診療が実践されることで、よりいっそう確実な患者の救命が期待される(ガイドラインの内容は全て案段階のもの)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  わが国初の悪性高熱ガイドライン案示される