メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

悪性高熱症治療薬の保管、使用判断に課題

日本麻酔科学会認定病院のアンケート結果

学会レポート | 2016.06.09 07:00

 日本麻酔科学会が目指す悪性高熱症に関するガイドラインの作成には、現状における同疾患への備えや認識の顕在化が必要である(関連記事)。そこで、同学会第63回学術集会(5月26~28日、会長=九州大学大学院麻酔・蘇生学教授・外須美夫氏)の委員会企画「安全委員会企画:悪性高熱ガイドライン2016(案)について」では、キッコーマン総合病院(千葉県野田市)麻酔科部長の市原靖子氏が、同学会が認定病院を対象に実施したアンケートの結果を公表した。アンケート結果からは、同疾患の特異的治療薬であるダントロレンの適切な投与法についての認識は広まっているものの、その保管・備蓄状況や位置付けなどに課題があり、実際の投与がスムーズに行われていない施設もあることが確認された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  悪性高熱症治療薬の保管、使用判断に課題