メニューを開く 検索を開く ログイン

球児オスグッド病 練習時間や体格変化が関与

第89回日本整形外科学会で縦断的観察結果を報告

 2016年06月10日 14:50
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 少年期に発症する膝障害として知られているOsgood-Schlatter(オスグッドシュラッター)病(OSD)は,成長期の球児においてはスポーツ活動を長期に制限することから予防が重要で,発症原因を同定するための縦断的観察が必要である。群馬大学大学院整形外科学の大澤貴志氏らは,初年度の小中野球検診でOSDと診断されず,1年以上の経過観察が可能であった成長期球児を対象に行った縦断的検討から,新たにOSDを発症した症例では練習時間や体格の変化による下肢への負荷が発症に関与する可能性を、第89回日本整形外科学会(5月12~15日、会長=横浜市立大学整形外科教授・齋藤知行氏)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  球児オスグッド病 練習時間や体格変化が関与