メニューを開く 検索を開く ログイン

リウマチネットワーク 長野と秋田の取り組み

 2016年06月11日 07:00
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 関節リウマチ(RA)診療において、メトトレキサート(MTX)や生物学的製剤(Bio)の普及に伴い、より専門性が要求されることや、副作用対策をはじめ全身管理が必要になっていることから、地域におけるネットワーク構築が重要視されている。第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「リウマチ診療の医療連携」では、全国の地域連携ネットワークの取り組みが報告された。その中から、長野県と秋田県の取り組みを紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  リウマチネットワーク 長野と秋田の取り組み