メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  梅毒スクリーニングの勧告、USPSTF

梅毒スクリーニングの勧告、USPSTF

高リスク群には3カ月ごとの検査を推奨

 2016年06月13日 14:45
プッシュ通知を受取る

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は梅毒の症候を認めない(妊婦を除く)成人および青年に対する梅毒スクリーニングの勧告を12年ぶりに改訂し、感染リスクが高い群に対する梅毒スクリーニングの実施を推奨した。感染リスクが最も高い群としては、男性と性交をする男性(MSM)とHIV感染者を挙げ、これらの高リスク群に対しては3カ月間隔での検査が有効だとしている。この勧告全文はJAMA2016; 315: 2321-2327)に発表され、同時にエビデンスレビューも公開された(JAMA 2016; 315:2328-2337 )。

推奨度A:USPSTFはこのサービスを推奨しており、高い確実性で大きな純便益がある

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  梅毒スクリーニングの勧告、USPSTF

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04503781 有効期限:4月末まで