メニューを開く 検索を開く ログイン

梅毒スクリーニングの勧告、USPSTF

高リスク群には3カ月ごとの検査を推奨

 2016年06月13日 14:45
プッシュ通知を受取る

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は梅毒の症候を認めない(妊婦を除く)成人および青年に対する梅毒スクリーニングの勧告を12年ぶりに改訂し、感染リスクが高い群に対する梅毒スクリーニングの実施を推奨した。感染リスクが最も高い群としては、男性と性交をする男性(MSM)とHIV感染者を挙げ、これらの高リスク群に対しては3カ月間隔での検査が有効だとしている。この勧告全文はJAMA2016; 315: 2321-2327)に発表され、同時にエビデンスレビューも公開された(JAMA 2016; 315:2328-2337 )。

推奨度A:USPSTFはこのサービスを推奨しており、高い確実性で大きな純便益がある

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  梅毒スクリーニングの勧告、USPSTF

error in template: found but mtif was expected