メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  リオ五輪目前に、十分な妊婦のジカ熱対策を

リオ五輪目前に、十分な妊婦のジカ熱対策を

 2016年06月13日 16:00
プッシュ通知を受取る

 妊婦がジカ熱に感染すると、新生児の脳の発育が不十分な小頭症につながる可能性がある。2カ月後には、リオデジャネイロ五輪がブラジルで開幕し、流行地との往来も増えるだけに、警戒が必要だ。このため日本では、医療機関向けの診療ガイドラインの作成や地方衛生研究所での検査体制の整備などの対策が行われている。横浜医療センター院長の平原史樹氏は、6月8日にプレスセンターで開かれた日本産婦人科医会記者懇談会で妊婦がジカ熱に感染した場合の対応や課題などについて述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  リオ五輪目前に、十分な妊婦のジカ熱対策を

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06503788 有効期限:6月末まで