メニューを開く 検索 ログイン

【寄稿】Rome Ⅳ時代の「機能性ディスペプシア」はどうなったか?

慶應義塾大学医学教育統轄センター教授 鈴木秀和

2016年06月14日 07:10

 機能性消化管障害の診療の指針となるRomeの最新版「RomeⅣ」が先月(5月)に刊行された(関連記事)。そのうち、一般医も遭遇することが多いと考えられる上部消化管の「機能性ディスペプシア」について、Rome委員会委員の1人である慶應義塾大学医学教育統轄センター教授の鈴木秀和氏に、委員会の模様も含めて詳細な解説を寄稿してもらった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  【寄稿】Rome Ⅳ時代の「機能性ディスペプシア」はどうなったか?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503751 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外