メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  【寄稿】Rome Ⅳ時代の「機能性ディスペプシア」はどうなったか?

【寄稿】Rome Ⅳ時代の「機能性ディスペプシア」はどうなったか?

慶應義塾大学医学教育統轄センター教授 鈴木秀和

 2016年06月14日 07:10
プッシュ通知を受取る

 機能性消化管障害の診療の指針となるRomeの最新版「RomeⅣ」が先月(5月)に刊行された(関連記事)。そのうち、一般医も遭遇することが多いと考えられる上部消化管の「機能性ディスペプシア」について、Rome委員会委員の1人である慶應義塾大学医学教育統轄センター教授の鈴木秀和氏に、委員会の模様も含めて詳細な解説を寄稿してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  【寄稿】Rome Ⅳ時代の「機能性ディスペプシア」はどうなったか?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08503751 有効期限:8月末まで