メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  GLP-1受容体作動薬でも心血管イベント抑制効果を証明

GLP-1受容体作動薬でも心血管イベント抑制効果を証明

LEADER試験の結果がADAで発表

 2016年06月15日 13:35
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 GLP-1受容体作動薬のリラグルチドは2型糖尿病患者の血糖をコントロールしつつ、主要な心血管イベント発生リスクを低下させることが示された。2型糖尿病患者の標準治療に上乗せした場合に心血管アウトカムに与える長期的影響を評価するLEADER試験の結果を米・University of Texas Southwestern Medical CenterのSteven P. Marso氏が第76回米国糖尿病学会(ADA、2016年6月10~14日)で報告した。インクレチン関連薬で心血管イベント抑制効果が明確なエビデンスとして示されたのは初めて。同内容はN Engl J Med2016年6月13日オンライン版)に掲載された。

※the Liraglutide Effect and Action in Diabetes-Evaluation of Cardiovascular Outcome Results

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  GLP-1受容体作動薬でも心血管イベント抑制効果を証明

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503799 有効期限:10月末まで