メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脊髄小脳失調症モデルマウスの寿命を延長

脊髄小脳失調症モデルマウスの寿命を延長

HMGB1—AAVベクターによる前臨床試験が進行中

 2016年06月16日 07:05
プッシュ通知を受取る

 脊髄小脳失調症(SCA)は運動失調を主症状とする神経変性疾患である。根治させる治療法はまだないものの、発症機構の解明や病態モデルの開発、治療研究は急速に進んでいる。東京医科歯科大学難治疾患研究所神経病理学分野教授の岡澤均氏らは疾患関連蛋白HMGB1を発見,これを分子標的とする遺伝子治療法を開発した。同氏は第57回日本神経学会学術大会(5月18~21日,大会長=徳島大学大学院臨床神経科学分野教授・梶龍兒氏)で、同治療法がSCA動物モデルで示した顕著な治療効果を紹介、今後の可能性についても言及した。(読み解くためのキーワード:脊髄小脳失調症

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脊髄小脳失調症モデルマウスの寿命を延長

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01503803 有効期限:1月末まで