メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  IBDでビタミンDが疾患活動性などと関係

IBDでビタミンDが疾患活動性などと関係

【海外短報】

2016年06月17日 07:10

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 炎症性腸疾患(IBD)患者のビタミンD低値と手術の必要性や疾患活動性などとの間に明らかな関係が認められると、米・University of PittsburghのグループがAm J Gastroenterol2016; 111: 712-719)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  IBDでビタミンDが疾患活動性などと関係