メニューを開く 検索 ログイン

IBDでビタミンDが疾患活動性などと関係

【海外短報】

2016年06月17日 07:10

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 炎症性腸疾患(IBD)患者のビタミンD低値と手術の必要性や疾患活動性などとの間に明らかな関係が認められると、米・University of PittsburghのグループがAm J Gastroenterol2016; 111: 712-719)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  IBDでビタミンDが疾患活動性などと関係

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで