メニューを開く 検索を開く ログイン

外用、光線、内服、Bioが基軸の乾癬治療

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

 2016年06月17日 13:35
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 約10%の乾癬患者には関節炎を伴うリスクがあり、リウマチ医と皮膚科医の双方の診療協力が必要である。そのため、乾癬には専門性の高い診療レベルが要求される。そこで皮膚科医の立場から、名古屋市立大学加齢・環境皮膚科学教授の森田明理氏は、①外用治療、②光線療法、③内服療法、④生物学的製剤(Bio)治療など主な乾癬治療法を第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「強直性脊椎炎と乾癬性関節炎を正しく理解する」で概説した。同氏は「これら4つ治療法が基軸となって今後の治療が進歩していくだろう」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  外用、光線、内服、Bioが基軸の乾癬治療