メニューを開く 検索 ログイン

外用、光線、内服、Bioが基軸の乾癬治療

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

2016年06月17日 13:35

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 約10%の乾癬患者には関節炎を伴うリスクがあり、リウマチ医と皮膚科医の双方の診療協力が必要である。そのため、乾癬には専門性の高い診療レベルが要求される。そこで皮膚科医の立場から、名古屋市立大学加齢・環境皮膚科学教授の森田明理氏は、①外用治療、②光線療法、③内服療法、④生物学的製剤(Bio)治療など主な乾癬治療法を第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「強直性脊椎炎と乾癬性関節炎を正しく理解する」で概説した。同氏は「これら4つ治療法が基軸となって今後の治療が進歩していくだろう」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  外用、光線、内服、Bioが基軸の乾癬治療

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで