メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  小田原雅人氏「従来薬の方が利益大きい」

小田原雅人氏「従来薬の方が利益大きい」

大血管障害抑制作用をめぐりディベート

 2016年06月17日 16:15
プッシュ通知を受取る

小田原氏

 第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会 長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)において、「大血管障害抑制にSGLT2阻害薬と従来治療薬とどちらのベネフィットが大きいか」をめぐるディベートが行われた。EMPA-REG OUTCOME試験の結果を受け、SGLT2阻害薬の大血管障害抑制作用に期待が集まっている。糖尿病専門医の立場で登壇した東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授の小田原雅人氏は、大血管障害抑制に対する良好な効果と豊富な安全性データ、長期の治療継続が可能な経済性を兼ね備えた点から、「従来薬の方が大血管障害抑制へのベネフィットは大きい」と述べた。

「SGLT2阻害薬の方が大きい」とする記事はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

好物の魚は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  小田原雅人氏「従来薬の方が利益大きい」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503823 有効期限:10月末まで