メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  CheckMate-142試験中間解析結果を発表、ASCO

CheckMate-142試験中間解析結果を発表、ASCO

高度MSI-H大腸がんへのニボルマブ単独およびイピリムマブ併用は有用

 2016年06月18日 07:00
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬の1つ抗PD-1抗体ニボルマブ単独および同薬と抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用は高度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)を有する転移大腸がんに対して有用である。米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのMichael J. Overman氏が第Ⅱ相CheckMate-142試験の中間解析結果を米国臨床腫瘍学会年次集会(ASCO 2016、6月3日~7日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  CheckMate-142試験中間解析結果を発表、ASCO

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02503844 有効期限:2月末まで