メニューを開く 検索を開く ログイン

CheckMate-142試験中間解析結果を発表、ASCO

高度MSI-H大腸がんへのニボルマブ単独およびイピリムマブ併用は有用

 2016年06月18日 07:00
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬の1つ抗PD-1抗体ニボルマブ単独および同薬と抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用は高度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)を有する転移大腸がんに対して有用である。米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのMichael J. Overman氏が第Ⅱ相CheckMate-142試験の中間解析結果を米国臨床腫瘍学会年次集会(ASCO 2016、6月3日~7日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  CheckMate-142試験中間解析結果を発表、ASCO