メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  運動でがん化学療法の神経障害が改善、ASCO

運動でがん化学療法の神経障害が改善、ASCO

軽度から中等度の運動介入プログラムの検討

 2016年06月20日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 運動によりがん患者における化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)が改善することが明らかになった。米・University of Rochester Medical CenterのIan R. Kleckner氏は、運動介入プログラムによるCIPN抑制効果を検討した試験結果を米国臨床腫瘍学会年次集会(ASCO 2016、6月3日~7日、シカゴ)で発表。特に高齢者でCIPN抑制効果が高かったと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

長引く千葉県の停電、責任はどこに

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  運動でがん化学療法の神経障害が改善、ASCO

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09503846 有効期限:9月末まで