メニューを開く 検索を開く ログイン

理解しやすく誤解のない医学用語を目指して

5年越しの医学会シンポジウム開催

 2016年06月21日 07:10
プッシュ通知を受取る

 日々診療を行う医療者にとって、医学用語を正確に患者に説明する難しさは身近な問題である。第149回日本医学会シンポジウム「医学用語を考える-医療者・市民双方の視点から-」が6月16日に東京都で開催され、医師、言語学者などがそれぞれの体験・経験を通して行った講演の中から、思わぬ聞き違いの例や今後の展望などのトピックスを紹介する。冒頭で同シンポジウム組織委員の1人である田中牧郎氏(明治大学国際日本学部教授/同学会医学用語管理委員会委員)は、このシンポジウムが第28回日本医学会総会(2011年、東日本大震災の影響で中止)で予定されていた企画の1つであったと話し、当時のプログラムから6演題と介護分野の1演題を加えた構成であると説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  理解しやすく誤解のない医学用語を目指して