メニューを開く 検索を開く ログイン

経口摂取でもコラーゲンが創傷治癒を促進か

覆されるアカデミアの通説

 2016年06月22日 16:00
プッシュ通知を受取る

 コラーゲンペプチドについて、民間医療の世界では「経口摂取により、創傷の修復が促進され、肌や関節の状態が改善する」と信じられてきたが、アカデミアでは「摂取しても分解されてアミノ酸になるため効果はない」と考えられてきた。しかし、京都大学大学院農学研究科応用生物科学の佐藤健司氏は「摂取されたコラーゲンペプチドはジペプチドとして血中に残存し、創傷治癒を促進する」との研究成果をまとめている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  経口摂取でもコラーゲンが創傷治癒を促進か