メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  大腸がんスクリーニング勧告を改訂、米専門委

大腸がんスクリーニング勧告を改訂、米専門委

スクリーニング受診率の向上が最重要課題

 2016年06月22日 07:00
プッシュ通知を受取る

 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は大腸がんスクリーニング勧告を2008年以来8年ぶりに改訂した。「大腸がんスクリーニングは50歳より開始し75歳まで継続すべき(推奨度A)」、「76~85歳に対する大腸がんスクリーニング実施の決定は患者の全般的健康状態と過去のスクリーニング歴を考慮しつつ個別に下すべき(推奨度C)」と勧告した。その一方で、今回は最適なスクリーニング法に関する提案は見送られることとなった。勧告の全文はJAMA2016年6月15日オンライン版)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  大腸がんスクリーニング勧告を改訂、米専門委

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09503878 有効期限:9月末まで