メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  大腸がんスクリーニング勧告を改訂、米専門委

大腸がんスクリーニング勧告を改訂、米専門委

スクリーニング受診率の向上が最重要課題

2016年06月22日 07:00

3名の医師が参考になったと回答 

 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は大腸がんスクリーニング勧告を2008年以来8年ぶりに改訂した。「大腸がんスクリーニングは50歳より開始し75歳まで継続すべき(推奨度A)」、「76~85歳に対する大腸がんスクリーニング実施の決定は患者の全般的健康状態と過去のスクリーニング歴を考慮しつつ個別に下すべき(推奨度C)」と勧告した。その一方で、今回は最適なスクリーニング法に関する提案は見送られることとなった。勧告の全文はJAMA2016年6月15日オンライン版)に発表された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  大腸がんスクリーニング勧告を改訂、米専門委