メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢者血糖管理目標の根拠③薬物療法の側面

インスリン、SU薬使用例では無自覚性低血糖が多発

 2016年06月23日 17:06
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 既報のように、日本糖尿病学会と日本老年医学会は「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」を発表した(記事末尾に)。日常生活動作(ADL)、認知機能、薬物療法の内容などにより7.0%未満〜8.5%未満のきめ細かなHbA1c目標値を策定し、重症低血糖が危惧される薬剤の使用例では「下限値」も設定するという内容だ(関連記事)。第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日)で会長特別企画として行われた両学会合同シンポジウム「高齢者の糖尿病治療をどうするか」では、目標値策定の裏付けとなる考え方が解説された。その中で、千葉大学大学院細胞治療内科学講座教授の横手幸太郎氏は、薬物治療の側面から今回の目標値の考え方を解説。インスリン製剤やSU薬などの使用例では、無自覚性低血糖が多発している実態を明らかにした。

高齢者血糖管理目標の根拠①身体機能の側面はこちら

高齢者血糖管理目標の根拠②認知機能の側面はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢者血糖管理目標の根拠③薬物療法の側面