メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  血糖・脂質・血圧の包括的管理の重要性を強調

血糖・脂質・血圧の包括的管理の重要性を強調

 2016年06月23日 07:10
プッシュ通知を受取る

 順天堂大学大学院循環器内科学教授の代田浩之氏は、冠動脈疾患合併糖尿病患者に対する治療戦略について、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「最新エビデンスに基づく大血管合併症の予防と今後」で解説。従来の無症候性心筋虚血と、近年増加が見られる急性冠症候群(ACS)では糖尿病の病態などが異なることに留意し、血糖値の改善だけでなく降圧ならびに厳格なLDLコレステロール(LDL-C)の低下を含めた包括的管理が重要であると強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  血糖・脂質・血圧の包括的管理の重要性を強調

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503838 有効期限:10月末まで