メニューを開く 検索を開く ログイン

思春期の自殺予防に小児科医が関わりを

 2016年06月23日 17:00
プッシュ通知を受取る

「健康日本21」の一翼を担う「健やか親子21(第1次)」の最終報告では、思春期の自殺率の増加が指摘されている。久留米大学小児科学教室准教授の永光信一郎氏は、思春期医療に携わる小児科医が自殺予防に関わることで、その数を減少させることができると第119回日本小児科学会学術集会(5月13~15日、会頭=札幌医科大学小児科学講座教授・堤裕幸氏)で提言した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  思春期の自殺予防に小児科医が関わりを