メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  海外4学会が心房心筋症の定義・分類を初提示

海外4学会が心房心筋症の定義・分類を初提示

 2016年06月24日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 心房心筋症は、最も頻度の高い不整脈の1つである心房細動(AF)の発症に関与しており、心房内の血栓、ひいては脳卒中につながる恐れがあることから臨床上非常に重要である。しかし、これまで心房心筋症の定義・分類に関するコンセンサスは得られていない。こうした中、欧州心臓病学会(ESC)傘下の欧州不整脈学会(EHRA)、米国不整脈学会(HRS)、アジア太平洋不整脈学会(APHRS)、ラテンアメリカ心臓刺激・電気生理学会 (SOLAECE:Sociedad Latinoamericana de Estimulacion Cardiaca y Electrofisiologia)の合同作業部会(WG)は、心房心筋症に関するグローバルなコンセンサスペーパーを作成し、病理学的/組織学的見地から心房心筋症を4つのクラスに分類することを提唱した。その概要はCardiostim - EHRA Europace 2016(6月8~11日、フランス・ニース)で発表された(EP Europace、Heart Rhythm、Arrhythmの3誌に掲載予定)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  海外4学会が心房心筋症の定義・分類を初提示

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503874 有効期限:10月末まで