メニューを開く 検索を開く ログイン

HALでのリハ、脳卒中慢性期でも歩行改善

国立病院機構新潟病院研究

 2016年06月24日 16:30
プッシュ通知を受取る

藏城雅文氏  平行棒内歩行やウオーカーを使用した従来の歩行訓練では、脳卒中の回復期にプラトーに達した歩行能力を慢性期に維持することは難しい。国立病院機構新潟病院脳神経外科医長の高橋千晶氏らは、昨年(2015年)11月に医療機器として製造販売承認を取得したロボットスーツHAL(関連記事)の研究モデルを用いて脳卒中慢性期患者に歩行訓練を行い、歩行速度やケイデンスに改善が見られたと第53回日本リハビリテーション医学会学術集会(6月9~11日、会長=京都府立医科大学副学長・久保俊一氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  HALでのリハ、脳卒中慢性期でも歩行改善

error in template: found but mtif was expected