メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SAP使用時は個別のアラート設定が重要

SAP使用時は個別のアラート設定が重要

 2016年06月25日 07:00
プッシュ通知を受取る

 糖代謝異常妊娠では、児の健全な発育と母体の糖尿病長期予後を損なわないよう、低血糖を回避しながらの厳格な血糖管理が求められる。兵庫医科大学先進糖尿病治療学特任講師の楠宜樹氏は、母体の血糖管理に有用とされるパーソナル持続血糖モニター(CGM)と、持続皮下インスリン注入(CSII)療法を併用するSAP(Sensor Augmented Pump)療法の導入の際には、各患者に合わせたアラート設定が重要だと第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「糖代謝異常妊婦の管理」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SAP使用時は個別のアラート設定が重要

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503848 有効期限:11月末まで