メニューを開く 検索を開く ログイン

産後OGTTと妊娠前BMIで糖尿病を予防

 2016年06月25日 07:05
プッシュ通知を受取る

 妊娠糖尿病(GDM)既往例での糖尿病の発症リスクは高く、血糖値が正常な妊婦の約7倍と報告されている。国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター母性内科医長の荒田尚子氏は、GDM既往例の産後の糖尿病発症予防について、妊娠前のBMIと産後3カ月以内の75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)で高リスク者を抽出し、包括的介入を早期に行うことが重要だと、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「糖代謝異常妊婦の管理」で訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  産後OGTTと妊娠前BMIで糖尿病を予防