メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  糖尿病の妊娠・分娩管理、産科と内科で協調を

糖尿病の妊娠・分娩管理、産科と内科で協調を

 2016年06月25日 07:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 糖代謝異常妊婦に対する妊娠・分娩管理では、母児の周産期合併症予防に向けた内科医と産科医の協働が重要となるものの、そこにはチーム医療ゆえのピットフォールが存在する。国立病院機構長崎医療センター産婦人科の菅幸恵氏は、周産期合併症の症例提示を行い「産科医は血糖管理の知識を、内科医は胎児発育の知識を深めることが重要だ」と、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「糖代謝異常妊婦の管理」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  糖尿病の妊娠・分娩管理、産科と内科で協調を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09503852 有効期限:9月末まで