メニューを開く 検索を開く ログイン

「診療GL専門家だけでつくる時代は終わった」

日本プライマリ・ケア連合学会で東京北医療センター・南郷栄秀氏が講演

 2016年06月27日 07:05
プッシュ通知を受取る

 医療現場では欠かせないさまざまな診療ガイドライン(GL)。従来は海外から「輸入(翻訳版)」されたものや経験豊かな専門医らのコンセンサスに基づくものなどが主流だったが、近年はエビデンスを網羅したものが重要視される。しかし、東京北医療センター総合診療科の南郷栄秀氏によると、現在、診療GLは大きな転換点を迎えており、総合診療医においては診療GLを「評価」 「利用」 「作成」する3つの役割があるという。第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(6月11〜12日、会長=台東区立台東病院管理者・山田隆司氏)のシンポジウム「いまこそ総合診療医が必要になるガイドライン」に登壇した同氏がその手法を指南。中でも作成に関して、同氏は「専門家だけでつくる時代は終わった」と述べ、積極的な参画を呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「診療GL専門家だけでつくる時代は終わった」

error in template: found but mtif was expected